旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

Bitcoin ビットコインの分裂って何だったの?

ビットコイン情報

Bitcoin ビットコインの分裂って何だったの?
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

Bitcoin ビットコインの分裂って何があったのか?

何があったの?

「ビットコイン」の画像検索結果

8月1日、ビットコインがふたつに分岐(「フォーク」と呼ばれてます)。既存のビットコインに加え、ビットコインキャッシュという新たな仮想通貨が生まれました。

通貨が分裂ってのがそもそもシュールなんですが、すごく大ざっぱに言うと、「『誰がいくら持ってるか』って情報も含めて全部コピーされたうえで、あとは別々の通貨として運営されていく」ということみたいです。

だから今までビットコインを持っていた人は、同じ額面のビットコインキャッシュももらえたことになります。「え、それってお金が倍になったの?」と思いきや、そうじゃないみたいです(このあたりも後述しますね)。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

なぜ「分岐」したのか?

「ビットコイン ビットキャッシュ」の画像検索結果

これもざっくり言ってしまうと、ビットコインの中の人たちが、ビットコインの処理能力をめぐってふたつのグループに分かれてしまったためです。

「中の人」とは主に、ビットコインを「採掘」したり取引を処理したりする「マイナー」と呼ばれる人たちと、ビットコインのソフトウェアのデベロッパーたちです。

米GizmodoのRhett Jones記者がこのへんを解説してくれてます。

ビットコインネットワークが処理できるデータ量は、最初から10分ごとに一定に決められてました。これは成長スピードを抑制するためでもあり、サイバー攻撃に対する安全策でもありました。でも、ビットコインマイナーの中には、ビットコインの遅さにいら立つ人も出始めました。(略)

新たなビットコインキャッシュの支持者たちは、「ブロックのデータ容量をより大きくしたい」と考えました。それはつまり、短時間でより多くのコインが採掘され、より多くの取引が処理できるということです。

これに対しビットコイン派の考えは、「データ容量を大きくすると、資金が潤沢なメガ・マイナーに対し、小規模マイナーが不利になる」というものでした。

ビットコインのマイニングには誰でも参加できることになってはいるものの、マイニングの処理には強力なコンピュータや多くの電力が必要になるため、ある程度の資金が必要になります。実際、ビットコインマイナーはコンピュータや電力や土地が安価な中国に集中していて、マイニング工場的なものが建設され、それを資産のある人がバックアップしているという構図があります。

ビットコイン派の人たちは、非中央集権的、脱体制的な思想に支えられていたはずのビットコインが、結局はお金持ちに支配されてしまうのではないかと危惧しているわけです。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

ビットコインキャッシュの価値?

「Bitcoin Cash」の画像検索結果

いけいけドンドンなマインドから生まれたビットコインキャッシュですが、気になるのは「価値があるのか」ということです。

7月31日以前にビットコインユーザーだった人には、同じ額面のビットコインキャッシュも割り振られました。

しかし、「1円」と「1ドル」の価値が全然違うように、「1ビットコイン」と「1ビットコインキャッシュ」の価値もまったく違います。

CoinMarketCapによれば、8月1日からこの記事執筆時点まででいうと、1ビットコインキャッシュはいったん727.54ドル(約8万500円)の最高値を付けたあと価値が下がり、記事執筆現在250ドル(約2万70000円)前後で取引されています。1ビットコインは3100ドル(約34万円)を超えているので10倍以上の差があるし、いきなり価値が3分の1ほどになっているのも心配です。

とはいえビットコインと同じ額面で発行されただけあって、すでに仮想通貨の規模としてはビットコインやイーサリアム、リップルに次いで4番目に大きい存在になっています。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

ビットコインを持ってた人は得したのか?

ビットコインの10分の1程度とはいえ、今までビットコインを持っていた人は、一応価値のあるビットコインキャッシュも手に入れたわけです。ビットコインで3000円ほど持っていた私は、理論上は300円ほど、どこからともなくもらえたことになるようです。

ただTechCrunchによれば、単にラッキー!とは喜べないみたいです。

自分でプライベートキー(注:秘密鍵。ビットコインの管理に必要な、暗証番号のようなもの)を管理している人、またはユーザーの口座にビットコインキャッシュの残高を与えると表明した取引所にビットコインを預けている人は、問題ない。その人たちは今すぐに、新たな暗号通貨(注:ビットコインキャッシュ)にアクセスできる。

フォークの前に、ユーザーに対しビットコインの分配を行う計画がない、というか新たなブロックチェーンとのやりとり自体行わないと言っていたCoinbaseのような取引所にビットコインを預けている人は、運がなかったかもしれない。

いくつかビットコイン用語があるのでざっくり言い換えると、ビットコインを専用ソフトとかハードとかで管理してた人、ビットコインキャッシュに対応した取引所を使ってた人はラッキーな人です。手に入れたビットコインキャッシュを早々に売って、お小遣いにできます。

そうじゃなく、ビットコインキャッシュに対応していない取引所にビットコインを入れていた人には、ビットコインキャッシュの権利的なものは発生するものの、それを動かす手段がありません。

たとえば私もまさに全ビットコインをCoinbaseに入れていたので、後からメールを確認したら、ちゃんとこんな警告がCoinbaseから来てました。(太字は筆者)

2017年8月1日以降にふたつのブロックチェーンができた場合、私どもはひとつのバージョンしかサポートしません。私どもでは、ビットコインキャッシュ(BCC)のフォークをサポートする計画をしておりません。(中略)

ビットコイン(BTC)にもビットコインキャッシュ(BCC)にも両方アクセスしたいお客様は、Coinbaseに保存されたビットコインを2017年7月31日午後11時59分(太平洋標準時)までに引き出す必要があります。ビットコインキャッシュ(BCC)にアクセスすることを望まない方は、何もアクションをする必要がありません。

とはいえこのCoinbaseも、ユーザーからの要望が高かったせいか、2018年1月までにビットコインキャッシュのサポートを追加することを表明しました。

Nasdaqによれば、ビットコインキャッシュに対応している取引所は、米国では大手5社中2社のみですが、中国ではすべての取引所がサポートしているようです。対応する取引所が増えていけば、みんなに割り振られたビットコインキャッシュが何らかの形で使われはじめることでしょう。

ただそうなった場合、ある程度の割合の人はもらったビットコインキャッシュを手っ取り早く換金、つまりビットコインとかリアル通貨とか、価値がある程度担保されているお金に換えようとするはずです。ということは「ビットコインキャッシュが大量に売られる」ことにつながります。

つまり、ビットコインキャッシュの価値はどんどん下がってしまうかもしれず、今は「3000円から300円が生まれた!」と思っていても、その「得した」金額はもっと少なくなってしまうのかもしれません。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

動画情報1

■危険度高!悪質な投資システム販売会社を暴露します。

「この会社、どうしても許せません」


投資の“KAWARA”版.comに、KAWARA版会員から
「W」という会社の調査依頼が入ったようです。
(具体的な会社名はKAWARA版会員のみに公開されています)


◇投資の“KAWARA”版.comとは?
あなたのアフィリエイトURLを挿入してください。


そこでKAWARA版スタッフが「W」という会社の調査を行ったところ、
すでに多くの被害者を出している、
危険度の高い悪質な業者だということがわかりました。


投資システム開発事業を行う「W」は、
アービトラージという手法を用いた自動売買システムを開発し、
ネット上で個人投資家に向けて販売しています。


システムの想定利回りは、月利5~10%。


年間で60~120%を獲得できると謳い、
公式Webサイトでは、


「月利5%を下回ったことは一度もない」


と公言しているようです。


システムの販売料金は、


利用額が100万円以下であれば、75,600円
101~200万円であれば、151,200円
201~300万円であれば、226,800円



901~1,000万円であれば、756,000円。


といったように、システムの利用金額(入金額)
によって変動する仕組みです。


ちなみに今回KAWARA版に調査依頼を行った会員の方は、
元金100万円にてシステムを利用していました。


今回被害にあった会員の方の話によると、
100万円からスタートし、2年経たずして、
一気に5倍の500万円にまで資金が膨れ上がったとのことです。


しかし…


喜びもつかの間、ある日「W」から1通のメールが届きます。


メールには、


・システムの取引結果で多大な心配をかけていることの謝罪。

・状況がまだ把握できていないため、判明次第、利用者に案内を出す。

・問い合わせはできるだけメールでしてほしい。


といった内容が記載されてあったようです。


何が何だか意味がわからず、嫌な予感のした会員の方は、
慌てて「W」で使用しているシステムの口座を確認したそうです。


すると、500万円まで増えていた口座残高は、なんと0円に…


その後「W」の担当者とは、
3ヶ月以上、音信不通とのことです。


このようなことが起こっているにも関わらず
「W」は未だにシステムの販売を行っているようですから、恐れいります。


実はこの「W」という会社、
KAWARA版スタッフが調査を進めていくと、
ある事実が判明しました。


なんと「W」は以前KAWARA版でも取り上げられた
悪質な詐欺会社と繋がりがあったのです。


その悪質な詐欺会社の名前は「B」。

(具体的な会社名はKAWARA版会員のみに公開されています)


KAWARA版スタッフの調査結果から
「W」と「B」が繋がりがあるのは
ほぼ100%間違いないでしょう。


思い返せば「W」と「B」は、
勧誘方法や、顧客対応など、やり口がそっくりです。


「W」と「B」は、
どんな手法で投資家を募っているのか?


「W」と「B」の繋がりを決定付けた証拠とは…?


今回の案件の続きは、KAWARA版の
バックナンバーページより確認することができます。


被害拡大を防ぐためにも、投資家の方や、
これから投資をはじめようとしている方、
「W」と「B」に心当たりのある方は、
ぜひ一読されておくことをオススメいたします。

◇投資の“KAWARA”版.comの無料会員登録はこちら

KAWARA版に無料登録すると、メンバーサイトのID、PASSが届くので、
メンバーサイトにアクセスし、バックナンバーページの
[CASE.12]をご覧になられてみてください。

◇投資の“KAWARA”版.comの無料会員登録はこちら

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸